Foundation for International Transfer of Skills and Knowledge in Construction

Select Language

Japanese

Chinese

Vietnamese

Indonesian

Filipino

English

3月21~27日に「建設分野の外国人技能人材の育成に関する取組み」国内説明会を開催いたします

現在、国土交通省では建設分野の外国人技能人材(建設分野の技能実習生,外国人建設就労者など)の技能向上や育成策について、入国前の事前訓練、入国後の教育・訓練、帰国時の人材活用策まで含めた総合的な検討を進めています。

一般財団法人国際建設技能振興機構は、その一環として国土交通省から委託を受け「建設分野の外国人技能人材の育成に関する国内説明会」を4か所(東京、大阪、名古屋、広島)で開催し、外国人建設技能人材の受入れに携わられるみなさまに上記の取組みについてご紹介することとしています。

外国人建設技能人材の育成は建設業のみならず人材派遣、教育・訓練、日本語教育など幅広い分野に関係するテーマですので、関係の方々のご参加をお待ちしています。

説明会においては、

  • 外国人建設技能人材の育成に関する最近の動き
  • 外国人建設技能人材の教育・訓練に関する企業・団体の取組み
  • 帰国後の人材活用のためのデータベースシステムづくり

についてご紹介する予定です。

入場無料、事前登録制です。

参加されたい方は下記メールアドレスへ「会場名」「団体名(ご所属)」「氏名」を1名ずつお送りください。

seminar@fits.or.jp

説明会会場は次のとおりです。 (開催日順)

<大阪会場>

 平成29年3月21日(火) 13:00~15:30  開場12:30

 エル・おおさか(大阪府立労働センター) 5F 視聴覚室

( 大阪府大阪市中央区北浜東3-14 、地下鉄谷町線 天満橋駅歩4分、堺筋線 北浜駅歩7分 )

 プレゼンター:一般社団法人利根沼田テクノアカデミー,近畿中小企業溶接事業協同組合,株式会社JELLYFISH 

<東京会場>

 平成29年3月22日(水) 13:00~15:30  開場12:30 

 都道府県会館 1F 大会議室 

( 東京都千代田区平河町2-6-3 、東京メトロ 永田町駅歩1分、赤坂見附駅歩5分 )

 プレゼンター:国際ビジネスコンサルティング事業協同組合,株式会社アサノ,株式会社JELLYFISH 

<広島会場>

 平成29年3月24日(金) 13:00~15:00  開場12:30 

 メルパルク広島 6F 平成の間 

( 広島県広島市中区基町6-36 、広電 紙屋町西駅歩1分/広島バスセンター横 )

 プレゼンター:一般社団法人職人育成塾,凸版印刷株式会社 

<名古屋会場>

 平成29年3月27日(月) 13:00~15:00  開場12:30 

 吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館)4F 第7会議室 

( 愛知県名古屋市千種区吹上2-6-3 、市営地下鉄桜通線 吹上駅歩5分 )

 プレゼンター:株式会社マツザワ瓦店、株式会社JELLYFISH 

<申し込み先>

seminar@fits.or.jp

「会場名」「団体名(ご所属)」「氏名」を1名ずつお送りください。

〈本件に関する問い合わせ先〉
一般財団法人国際建設技能振興機構
外国人建設就労者受入事業に係る人材育成支援事業 係
電話 : 03-6206-8877
担当 : 津村、田邊、リュウ、ファリド
FAX: 03-6206-8889


平成28年度国土交通省委託事業「外国人建設就労者受入事業に係る教育・訓練事業者」の募集要項を掲載しました。

本要項は、一般財団法人国際建設技能振興機構(FITS)が国土交通省からの委託事業として、「外国人建設就労者受入事業に係る人材育成支援事業」を実施するにあたり、教育・訓練事業者の公募の詳細を定めるものです。

〈事業の概要〉

事業の趣旨

建設分野における外国人技能実習生の受入れは年々増加傾向にあり、また、平成27年4月からは「建設分野における外国人材の活用に係る緊急措置」が開始され、更なる建設分野の技能人材の受入れが見込まれるところです。このような状況の中、適正かつ円滑に外国人建設就労者受入事業を実施するためには、受入れに係る監理の適正化及び質の向上を図ることが必要とされています。

人材育成支援事業では、建設分野の外国人技能人材(外国人建設就労者及び外国人技能実習生をいう。以下同じ。)の送出し国における事前訓練や入国後の教育・訓練の取組みのうち、国土交通省が検討中の「教育・訓練プログラム」の基本的方向に沿って、外国人材を育成する取組みに対しその円滑な実施を支援し、その成果を広く共有することにより、これら外国人技能人材が我が国の建設技能・知識等を着実に備えていくことを目指し、ひいては国内建設事業の円滑な実施、母国の建設プロジェクトの進展や我が国建設企業の海外進出に貢献することを目的としています

このたび、建設分野の外国人技能人材の送出し国における事前訓練や入国後の教育・訓練に係る取組みについて、国土交通省が検討中の教育・訓練プログラムの基本的方向に沿っていること等の一定の要件を満たし、かつ他の事業者等の参考となる取組みを対象に公募を実施し、その中から効果が大きいと認められる取組み(以下「教育・訓練事業」という。)を選定し、当該事業の円滑な実施を支援するとともに、その成果を広く関係者間で共有し、普及啓発しようとするものです。

対象となる事業者

建設分野の外国人技能人材(外国人技能実習生または外国人建設就労者)を受け入れている、又は今後受け入れる予定である以下の事業者、団体とします。

1)建設事業者
2)複数の建設事業者(建設事業者グループ ※)
3)建設事業者団体
4)監理団体、または特定監理団体

※建設事業者グループの中に他の産業分野に属する事業者等がいる場合も対象とします。ただし、建設事業者がグループ内で主たる役割を担っていることを条件とします。

対象となる教育・訓練
建設分野の外国人技能人材の送出し国における事前訓練や入国後の教育・訓練であって、帰国後に日本で習得した技能が活用される事を見据えるとともに国土交通省が検討中の「教育・訓練プログラム」の基本的方向に沿った事業で平成29年度に実施を予定するものを対象とします。

なお、事業効果が定量的に測定可能であり、平成29年3月15日までに教育・訓練事業の実施計画を作成し、パンフレット等で公表できる内容に限ります。
また、事前訓練に取り組む事業者への支援は、建設分野の技能実習生や外国人建設就労者の受入れが多く、今後も増加が見込まれる地域に加え、現在受入れの実績は少ないものの今後の拡大が見込まれる地域を想定しています。

募集期間
平成29年1月16日(月)から平成29年2月6日(月)(当日必着)まで
選定内容・支援内容
選定された事業(2月上旬審査結果発表予定)に関わる調査・計画策定費や外部の専門家等を活用した場合の諸謝金等、関連費用の一部を負担するものです。
支援件数は、10件程度を予定しています。
支援金額は、1件あたり200万円を上限とし、事業計画と支援要望額の内容を精査して決定します。


〈募集要項及び応募様式〉
募集要項(pdf形式)はこちら
※本件の募集はすでに終了しております。


〈本件に関する問い合わせ先〉
一般財団法人国際建設技能振興機構
外国人建設就労者受入事業に係る人材育成支援事業 係
電話 : 03-6206-8877
担当 : 木下、津村、リュー、ファリド
FAX: 03-6206-8889
e-mail: jinzai@fits.or.jp

件名に「人材育成支援事業」と付記してください。